金運アップなら
春に買う白い蛇柄の長財布
が最強です!

春に買ったお財布は中身が張る

春財布」って聞いたことがありますよね?

春に買った財布はお金が貯まると言われています。なぜなら、春に買った財布は財布がお金でパンパンに張るから。

ようは、「春」と「張る」を掛け合わせているわけですね。昔から、このような縁起物は言葉遊びのようなものが多いですよね。

ちなみに、この場合の春とは1月初旬〜5月初旬を指します。財布を買い替えるなら、この時期が縁起がいいということですね。

風水からみた色が持つ力 金運アップする色とは?

風水では運気が上がる色についての言われが多くあります。

ここでは金運アップに関する色の持つ力(パワー)について解説したいと思います。

  • ・・・悪い金運をリセットしたい時に選ぶ。 → ここ最近、金回りが悪い人向け。
  • ・・・収入を現状維持したい時に選ぶ。 → すでにお金持ちになっている人向け。
  • 茶色・・・貯蓄をしたい時に選ぶ。 → 貯金できない人向け。
  • ピンク・・・周りからの援助を受けたい時に選ぶ。 → 自分でどうにもならない問題を抱えている人向け。

当サイト管理人がオススメする色は「白」です。

白い財布

黒い財布を持っている人がたくさんいますが、白い財布は汚れやすいという理由から、あまり持っている人はいません。というか、あまり白い財布って売っていませんよね。

しかし、風水では白は”気”を浄化する働きがあり、日々の生活でたまった毒素をきれいに洗い流してくれると言われており、白は黄色に並んで金運財運アップの色とされています。

ただし、黄色はお金を呼び込む力と同時に、お金が出て行く力も強いので、白がオススメというワケです。

よく開運財布について書いているウェブサイトでは金(ゴールド)が最強カラーと紹介されていますが、キラキラと光った金(ゴールド)の財布なんて持ち歩けないですよね。。友達に笑われてしまいます。。「あの人、エセ宗教にだまさちゃったのかな・・・??」と思われてしまう可能性すらありますから。。。買い物の時もレジで出したら、店員さんがビックリすると思いますよ。。

次に、金運アップ向いていない色ですが、それは「赤」と「青」です。

赤は「火の気が強すぎてお金が燃えてしまう」、青は「水の気が強くて金運を流してしまう」ということから、金運アップには良くないと言われています。水色とかネイビーとかも避けておいた方がいいと思います。

蛇(へび)は「商売繁盛の神」「金運開運の神」「財運の神」

蛇(へび)って神社で祀られていたり、「商売繁盛の神」や「金運開運の神」として崇拝されていますが、この背景には次にような理由があります。

ヘビは農作物の天敵であるネズミをエサとして食べることから「穀物の神」となりました。

その時代は農作物を育てることが生活に必要なお金を稼ぐことと同義だったので、「穀物の神」から「財運の神」として崇められたのです。

神社だけでなく、民家などでも蛇(ヘビ)の居着く家は財運があるとされ、その家に住む者はお金に困らないと言われています。

また、ヘビは年に4〜5回ほど脱皮し、脱皮するごとに成長します。

このことから、蛇の抜け殻を財布に入れておくと財布が成長、つまりお金が貯まると言われています。

さらに、「蛇は執念深いからお金が出て行かない」「技能や経験が身(巳)につくからお金が貯まる ※巳=蛇」「脱皮は永遠の生命の象徴だから長生き」という言われもあります。

このような言われが昔からあるため、蛇革の財布は金運アップの力があると言われているのです。

白い財布

山口県岩国市の白蛇神社

山口県岩国市の白蛇神社

山口県岩国市に生息する白蛇(しろへび)は国の天然記念物です。

白蛇はその希少性により、日本全国で縁起のいい動物として信仰の対象となっています。

また、白蛇は弁才天の使いとして富をもたらす対象としても有名です。

おすすめサイト